Blog&column
ブログ・コラム

相続税の基礎控除額の計算方法とは

query_builder 2021/02/28
コラム
business-calculator-calculation-insurance
「これから相続手続きをするが相続税が不安」と感じる人もいるでしょう。
しかし相続税には基礎控除が設けられており、状況によっては申告や納付が不要な場合もあります。
そこで、相続税の基礎控除について分かりやすく説明します。

相続税の基礎控除とは
平成27年1月1日以降に発生する相続における「基礎控除額の計算式」は以下のとおりです。

【平成27年1月1日以降の基礎控除額】
3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

▼基礎控除額の計算例
基礎控除額の計算式を使い、例を紹介いたします。

[例:相続人が2人の場合]
相続人が2人の場合、基礎控除額は「3,000万円+(600万円×2)=4200万円」です。
このとき、相続する財産が4200万円以下であれば基礎控除の範囲内です。
基礎控除の範囲内であれば、相続税の申告や納付は不要となります。

▼法定相続人の数を把握する必要がある
相続税の基礎控除は計算式がとてもシンプルで、分かりやすくなっています。
ただし計算式にある通り、基礎控除額は「法定相続人の数」で変動します。
そこで、まずは法定相続人の数を正しく把握する必要があります。

▼まとめ
基礎控除額の範囲を越えると、定められた時期までに相続税の申告と納付が必要になります。
もし基礎控除額の範囲を越えていて相続手続きが必要なら、「みつの行政書士・社会保険労務士事務所」までご相談ください。
お客様のそれぞれの状況やご希望に合わせ、ベストな提案を行い、丁寧にサポートいたします。

NEW

  • 一時支援金の申請には登録確認機関による事前確認が必要です

    query_builder 2021/04/06
  • 事業再構築補助金

    query_builder 2021/02/12
  • 遺産相続で必要になる書類とは?

    query_builder 2021/04/15
  • 兄弟姉妹が法定相続人になるケースと、その場合の相続割合とは

    query_builder 2021/04/01

CATEGORY

ARCHIVE