Blog&column
ブログ・コラム

遺産相続でトラブルが起こりやすい5つの事例とは

query_builder 2021/05/01
コラム
unhappy-man-mask-sad
相続で遺族が揉める」という設定のドラマがありますが、現実でも少ない話ではありません。
そこで、トラブルが起こりやすい5つの事例と対処法を簡単に紹介します。

▼遺産相続でトラブルが起こりやすい5つの事例
内容次第では、事前に対策を打てる場合もあります。
トラブルになる可能性がある状況なら対策を考えておきましょう。

■借金が遺産よりも多い
1つめは「借金が遺産よりも多い」という事例です。
この場合は、相続放棄により対処することが可能です。

遺言書があり1人だけが遺産を相続する
2つめは「遺言書があり1人だけが遺産を相続する」という事例です。
遺留分侵害額請求でも対処可能です。

相続内容に納得できない親族がいる
3つめは「相続内容に納得できない親族がいる」という事例です。
介護をしていたのに相続が少ない場合などは家庭裁判所への申し立ても可能です。

■財産が不動産(自宅)のみ
4つめは「財産が不動産(自宅)のみ」という事例です。
分ける方法がない場合には、他の相続人に現金で相続分を支払うことで対処できます。

■内縁の配偶者がいる
5つめは「内縁の配偶者がいる」という事例です。
内縁関係の場合は法定相続人の扱いになりません。
相続人が遺言書で「財産分与する」と決めておけば対処できます。

▼まとめ
相続によるトラブルには様々なパターンがあり、対処には専門知識も必要です。
「みつの行政書士・社会保険労務士事務所」では相続について幅広く対応しておりますので、ご相談ください。

NEW

  • 月次支援金の事前確認について

    query_builder 2021/06/03
  • 【月次支援金も事前確認】一時支援金の申請には登録確認機関による事前確認が必要です

    query_builder 2021/04/06
  • 事業再構築補助金

    query_builder 2021/02/12
  • 会社設立に必要な印鑑について

    query_builder 2021/09/15
  • 遺言で寄付するときに気をつけたいポイント

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE