Blog&column
ブログ・コラム

建設業許可申請するために必要な5つの要件とは?

query_builder 2021/05/22
コラム
checklist-chalk-board-list-chalkboard
建築業許可を申請するためには、5つの資格要件を満たしていなければなりません。
この5つの資格要件について簡単に説明します。

▼税込500万円以上の工事を行うためには建築業許可が必要
材料費を含め税込500万以上の工事を行うためには、建築業許可が必要です。
この建設業許可に必要な資格要件は次の5つです。

■1.経営業務の管理責任者がいること
1つめは実務経験を持つ「経営業務の管理責任者がいること」です。
経験年数は許可を受ける建設業により違いがあります。

■2.専任技術者がいること
2つめは資格または実務経験のある「専任技術者がいること」です。
1と2は同一人物でも構いません。

■3.契約に対して誠実性があること
3つめは「契約に対して誠実性があること」です。
契約に関して不正または不誠実な行為をする可能性がないことが求められます。

■4.財産的基礎があること
4つめは「財産的基礎があること」です。
・直前の事業年度での決算書で貸借対照表の純資産の部合計額が500万円以上
・500万円以上の金額が記載された残高証明書
上記のいずれかが求められます。

■5.欠格要件に該当しないこと
5つめは「欠格要件に該当しないこと」です。
禁固以上の刑に処された経歴がある人や、許可を取り消された経験がある人が該当します。

▼まとめ
手続きにあたり不安があれば専門家に相談しましょう。
「みつの行政書士・社会保険労務士事務所」では、建設業許可など各種許認可申請のご相談に対応しております。
建設業許可申請を検討しているなら、ぜひお問い合わせください。

NEW

  • 月次支援金の事前確認について

    query_builder 2021/06/03
  • 【月次支援金も事前確認】一時支援金の申請には登録確認機関による事前確認が必要です

    query_builder 2021/04/06
  • 事業再構築補助金

    query_builder 2021/02/12
  • 会社設立に必要な印鑑について

    query_builder 2021/09/15
  • 遺言で寄付するときに気をつけたいポイント

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE