Blog&column
ブログ・コラム

建設業許可更新について知っておくべきこと

query_builder 2021/06/08
コラム
house-property-hand-keep
建設業許可は取得すれば、ずっと有効というわけではありません。
期限があるため更新をする必要があります。
そこで今回は、建設業許可更新について知っておくべきことをご紹介します。

建設業許可の有効期間
有効期間は、前の許可日から数え5年です。
2020年12月1日が許可取得日だとすると、5年後の2025年11月30日が有効期限です。
許可取得日は、許可通知書または業者票に記載されているので、わからない場合は確認してみましょう。
もし、有効期限が土日祝でも変更はありません。

更新はいつから申請できるか
更新は有効期限の3ヶ月前から可能です。
申請手続きは、以前許可を受けた窓口でおこなうので、詳しくは行政庁に確認しておきましょう。

▼いつまでに申請するか
更新は有効期限の30日前までに申請する必要があります。
更新は約30日ほど審査に時間がかかるからです。

建設業許可更新を忘れたら
万が一、有効期限の切れる30日前までに申請ができなくても、更新申請はできます。
しかし期限を過ぎると、始末書などが必要となる場合もあり、申請に時間がかかってしまうので注意してください。
もし有効期限の最終日が土日祝で、行政庁が休みの場合は、その前の営業日が期限になります。

▼まとめ
建設業許可更新は期限を過ぎないようにしましょう。
また、更新にはさまざまな書類を集めなけれないけないので、自身で申請するのが難しければ専門家に頼んでみるのがおすすめですよ。
当事務所では、建設業許可更新手続き代行をおこなっているので、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 遺言書を法務局で保管するメリットとデリットについて

    query_builder 2022/05/03
  • 遺言書が持つ効力について

    query_builder 2022/04/05
  • 遺言書の検認について

    query_builder 2022/03/03
  • 遺言信託とは?

    query_builder 2022/02/01
  • 遺言執行者とは?

    query_builder 2022/01/15

CATEGORY

ARCHIVE