Blog&column
ブログ・コラム

遺言書作成で押さえておきたいポイントとは?

query_builder 2021/12/15
コラム
calligraphy-close-up-composition-design
遺言書を作成するのは人生で一度きりなので、どのように作成するのかわからない方も多いですよね。
その上、遺言書は正しい方法で作成しなければ無効となってしまうこともあります。
そこで今回は、遺言書作成で押さえておきたいポイントについて解説していきます。

▼財産内容を詳細に記載する
相続人は、遺言書を用いて不動産や預貯金、証券口座などの名義変更を行います。
もし遺言書に財産内容が詳しく書いてないと、相続手続きに支障が出たり財産内容の調査に時間がかかってしまいます。
そのため、遺言書には財産内容を詳細に記載し、相続人がスムーズに相続手続きを進められるようにしましょう。

▼遺留分を検討する
遺留分とは、法定相続人が最低限の財産を受け取ることができる権利を保証するものです。
もし遺言書に記載されている内容に不満を持った場合、相続トラブルに発展してしまうことがあります。
相続トラブルで裁判に発展すると時間や手間がかかるので、そういったトラブルを避けるためにも遺留分に配慮した遺言書を作成するのがおすすめです。

遺言書を作成したことを家族に伝えておく
時間をかけて遺言書を作成したにもかかわらず、死後に紛失してしまったり家族が見つけられなかったりすると意味がありません。
公正証書遺言の場合は再発行が可能ですが、自筆証書遺言の場合はきちんと保管場所を家族に伝えておく必要があります。

▼まとめ
遺言書を作成する際は、きちんと決まりに沿って作成し大切に保管しましょう。
遺言書作成に関してお困りの方は、気軽に弊社にご相談ください。

NEW

  • 遺言書を法務局で保管するメリットとデリットについて

    query_builder 2022/05/03
  • 遺言書が持つ効力について

    query_builder 2022/04/05
  • 遺言書の検認について

    query_builder 2022/03/03
  • 遺言信託とは?

    query_builder 2022/02/01
  • 遺言執行者とは?

    query_builder 2022/01/15

CATEGORY

ARCHIVE