Blog&column
ブログ・コラム

遺言信託とは?

query_builder 2022/02/01
コラム
act-attorney-justice-lawyer

遺言書を作成するにあたってどのように書けばいいかわからないという方や、自分の希望通りに相続が行われるか不安という方もいるのではないでしょうか。
そんな方は、遺言信託という仕組みを利用するのがおすすめです。
しかし、遺言信託という言葉を初めて聞いたという方もいるでしょう。
そこで今回は、遺言信託のメリットとデメリットについて解説していきます。

遺言信託のメリット
遺言信託とは、遺言書の作成や保管、遺言内容の執行など、相続に関することを第三者に委託することです。
これは銀行や信用金庫などが行っているサービスなので、きちんとした遺言書を作ることができ、確実に遺言が執行されるという安心感があります。
また第三者に委託することで、自分の遺志を反映した相続を行うことができます。
ただし、遺言書に自分の要望だけを盛り込むのではなく、遺された家族のことも考えて内容を決めるようにしましょう。

遺言信託のデメリット
遺言信託を利用すると、契約時の基本手数料や遺言書の年間保管料、遺言執行時の手数料など様々な手数料が発生します。
基本手数料や年間保管料は定額のことが多いですが、遺言執行手数料は遺産の総額に応じて決められることもあります。
そのため、遺言信託はお金をかけてでもきちんと相続を行いたいという方におすすめです。

▼まとめ
遺言信託は、相続に関することを第三者に委託できるので相続トラブルを減らすことができます。
遺言信託についてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひ弊社にご連絡ください。

NEW

  • 自筆証書遺言の書き方について

    query_builder 2022/06/01
  • 遺言書を法務局で保管するメリットとデリットについて

    query_builder 2022/05/03
  • 遺言書が持つ効力について

    query_builder 2022/04/05
  • 遺言書の検認について

    query_builder 2022/03/03
  • 遺言信託とは?

    query_builder 2022/02/01

CATEGORY

ARCHIVE